No comments yet

「励まし力づける説教」

Topic:説教(エルサレム会議)

Scripture(聖書)

ユダとシラスは二人ともすぐれた説教者だったので、多くの説教をして、人々の信仰を力づけました。
(使徒15:32 リビングバイブル)

ユダもシラスも預言者であったので、多くのことばをもって兄弟たちを励まし、また力づけた。
(使徒15:32 新改訳)

 

Observation(観察)

分裂するかもしれないという初代教会にとって最大の危機を迎えた。しかし、この危機を見事に乗り越えたのが「エルサレム会議」という歴史的事件である。

この会議の結果を知らせる役割に任命されたのが、ユダとシラスであった。重要な使命を託されたということは、それだけ信頼に足る誠実かつ忠実な人物であった。シラスのその後の活躍ぶりを聖書は伝えているが、ユダの登場はこの章だけである。

彼らは単なる使者ではなく、説教者でもあった。しかも、すぐれた説教者であった。

ここに優れた説教の実りを見ることができる。

それは・・・

①信仰を励ます

②信仰を力づける

 

Application(適用)

牧師に召されたからには、すぐれた説教者、メッセンジャーになりたいと願い、祈ってきた。

今まで様々なタイプの説教を今まで聞いてきた。自分自身も数多くの説教のチャンスを教会内外で頂いてきた。

今週はDCATカンファレンスに参加するためにハワイに来ているが、Facebookで僕がハワイにいることを知った、ある牧師夫妻からラジオメッセージ、さらに日曜礼拝での説教依頼も受けた。拙い者を用いて頂いて感謝である。

願わくは、ユダやシラスのように信仰を励まし、力づける説教を語れる者でありたい。昨晩のDCATカンファレンスでのウェイン先生のメッセージ、圧巻だった。何度も聞いたことのある内容だった。それでも色褪せない新鮮さと迫力であった。まさに、励まされ、力づけられた。

如何にしたらそのような説教者となれるのか?

①聖霊に満たされる

②聖書を語るだけではなく、聖書に生きる

③コミュニケーション、スピーキングのスキルアップ

Prayer(祈り)

主よ。Hawaiiで迎える5日目の朝を感謝します!!

昨晩のウェイン先生のメッセージ、圧巻でした。ユダとシラスのメッセージを聞いた人々も同様のことを体験したのだと思います。主よ、どうか僕を人々の信仰を励まし、力づけるメッセンジャーとして用いてください。ハワイに来ても、メッセージの機会が与えられて感謝します。聖霊で満たし用いてください。また語る言葉に自らが偽りなく生きることができますように。語るスキルも磨き、多くの人の心にリーチすることができますように。救い主イエスの名前でお祈りします。アーメン

Post a comment

%d bloggers like this: