No comments yet

証の力(伝道、交わり)

“しかし、お許しにならないで、彼にこう言われた。「あなたの家、あなたの家族のところに帰り、主があなたに、どんなに大きなことをしてくださったか、どんなにあわれんでくださったかを、知らせなさい。」そこで、彼は立ち去り、イエスが自分にどんなに大きなことをしてくださったかを、デカポリスの地方で言い広め始めた。人々はみな驚いた。”マルコの福音書 5章19~20節

汚れた霊に取り憑かれた人が癒され、解放された話だ。その男は、癒されたことに感動し、イエスの弟子になり、イエスについていこうとする。すると、イエスはなぜかそれを許さず、自分の家に戻って二つのことを証をすることを勧めるのだった。1、主がどんなに大きなことをしてくださったか、2、主がどんなにあわれんで下さったか。彼は、言われた通り、自分の家に戻り、上の二つのことを証するのだった。彼は、自分の家にとどまらず、デカポリス地方で言い広めるのだった。「人々はみな驚いた。」と言う言葉の中に彼の証の影響力は大きかったことがわかる。証は力なのだ。どうして、彼の証は、それほど力強かったのか。それは、1、彼自身の証だったから。2、彼ほど苦しんだ人はいなかったから。苦しみを経験することは決して悪いことではない。そこから解放されるときに、イエスの力を証することができるのだから。

僕は、普段から良くイエス様をどのように効果的に伝えることができるかを考えている。牧師として優れた伝道者や牧師のメッセージからも学んでいる。でも、改めて思わされたのは証の力だ。自分が経験したイエス様を語ることだ。そのために、

1、日々のディボを通してイエス様を経験し、それを分かち合う機会を増やしていこう!

2、自分のメッセージにもっと証やディボーションの引用を増やしていこう!

3、礼拝の中でほかの人の証を入れる機会を増やそう!

4、ライフグループなどで互いの証を聞く機会を増やそう!

「神様、今日も聖書の言葉を通して僕を励まし、導いて下さってありがとうございます。今日は証の力についてリマインドして下さってありがとうございます。神様、僕の人生を通して、ニューホープ横浜を通してあなたがどんなに大きなことをして下さったか、あなたがどんなにあわれんで下さったかを伝えていくことができますように。そして、一人でも多くの人たちを励まし、あなたのところに導けますように。今日もあなたを愛します。あなたに従います。アーメン。」

Post a comment

%d bloggers like this: