No comments yet

「太陽よりも明るい輝き」

Topic:救い(証、パウロ)

 

Scripture(聖書)

その途中、正午ごろ、王よ、私は天からの光を見ました。それは太陽よりも明るく輝いて、私と同行者たちとの回りを照らしたのです。 

(使徒26:13 新改訳)

 

 

Observation(観察)

アグリッパ王の前に呼び出され、弁明の機会が与えられたパウロ。

そこで、パウロは自らの救いの証を語り出した。

 

クリスチャン迫害の第一人者であったパウロがなぜ180度心変わりしたのか?

それはクリスチャンを迫害するために追いかけていた時のことだった。

あまりにも鮮やか衝撃的な出来事だったので、その時間も克明にパウロの記憶に刻まれていた。

 

①正午ごろ

②太陽よりも明るい輝き

③パウロたちのまわりを照らした

 

→天からの光

 

この天からの光とその中からの語りかけがパウロを変えたのだ。

 

 

Application(適用)

その光がパウロの人生のすべてを変えた。

パウロと同様ではなくても、すべてのキリストを信じる人が何らかの主との出会い、語りかけを経験しているはずである。

 

僕は14歳、中学2年生の夏であった。

ヨハネ1章12節。

「しかし、この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。」

 

この聖書の言葉が僕の心をとらえたのだ。

一瞬にして人生の根本的な問題が解決したのだ。

 

今日は70歳の母が胃ガンの手術を受ける。

70年生きてきて初めて大きな手術である。

 

非常に信仰熱心な父と母の家に、つまりクリスチャンホームに生まれた。

6人兄妹の末っ子として生まれ、愛子と命名された。

「名は体を表す」とよく言われるが、本当に愛に溢れている母である。

常に自らを犠牲にして家族に仕える母である。

働き者で常に明るく笑っている。

 

小学生の頃に転校生特有のイジメを経験したことがあったが、全力で母は守ってくれた。

母の献身的な愛がなかったら、今日の僕はない。

 

しかし、母は個人的な主との関係を持たず、今日まで生きてきた。

 

主は「すべてのことを働かせて益としてくださるお方」である。

今回のガンも祝福の前ぶれなのである。

病の癒しはもちろんだが、何より母がこの病を通して、今日の手術を通して、主の光を経験してほしいと心から願っている。

 

パウロが経験した主の光を、そしてその光の中からの語りかけを。

家族を一生懸命愛してくれた母が、今度は神の愛を体験し、神の愛を流す者となってほしいのだ。

 

 

Prayer(祈り)

主よ。

今週も金曜まで守られたことを感謝します。

今日は母の胃ガンの手術日です。

この手術をよきものとしてください。

母の恐れを取り除き、母のガンを取り除いてください。

痛みを喜びと祝福に変えてください。

母がこの病を通して、主の光を経験できますように。

救い主イエスの名前でお祈りします。アーメン

 

 

 

Post a comment

%d bloggers like this: