No comments yet

「神のタイミング」

Topic:時(祈り)

 

Scripture(聖書)

彼らといっしょにいるとき、イエスは彼らにこう命じられた。「エルサレムを離れないで、わたしから聞いた父の約束を待ちなさい。」

(使徒1:4 新改訳)

 

 

Observation(観察)

十字架の死から復活されたイエスは40日の間、弟子達に現れた。

その時に語られた言葉の1つ。

 

イエスは弟子達に2つのことを命じられた。

 

①エルサレムを離れないでいなさい。

 

②イエスから聞いた父の約束を待ちなさい。

この後の5節では「ヨハネは水でバプテスマを授けたが、もう間もなく、あなたがたは聖霊のバプテスマを受けるからです。」と続く。つまり聖霊が与えられるという約束である。

 

 

Application(適用)

復活の主イエスにお会いした弟子たちは、その信じられない再会に感動し、興奮したことだろう。人は感動すると、興奮すると、その喜びをすぐに伝えたい、分かち合いたいものである。

 

しかし、主の命令は「行きなさい」ではなく、まずは「待ちなさい」であった。

 

「人の心には多くの計画がある。しかし主のはかりごとだけが成る。」(箴言19:21)とあるが、神の計画、神の時、神のタイミングがあるのである。

 

では、この後弟子たちはどのようにして神のタイミングを見分けたのか?

 

①主の言葉に従う

ガリラヤに本拠地を持つ弟子達にとってエルサレムに留まり続けることは簡単ではなかったのではないか。またエルサレムはイエスを十字架につけた宗教指導者たちの拠点でもある。しかし、彼らは待った。

 

②共に祈る

「みな心を合わせ、祈りに専念していた。」(14節)

 

祈ることである。心を一つにして祈ることである。

 

神は私たちの心に夢を与え、ビジョンを与えられる。

そして、そこに向かって努力することは大切なことである。

しかし、事を成すのは神である。

 

私たちは神の「時」を間違えてはならない。

神の「タイミング」を見逃してはならない。

 

やがて時満ちて、満を持して、弟子たちは世界宣教へと遣わされていくこととなる。

 

 

Prayer(祈り)

主よ。

御言葉を感謝します。

あなたの時を誤ることがないように。

あなたのタイミングを教えてください。

そして、あなたが導かれるままに歩ませてください。

救い主イエスの名前で祈ります。アーメン

 

 

 

Post a comment

%d bloggers like this: