No comments yet

いなごさえも(信仰)

そして彼らは、地の草やすべての青草や、すべての木には害を加えないで、ただ、額に神の印を押されていない人間にだけ害を加えるように言い渡された。しかし、人間を殺すことは許されず、ただ五か月の間苦しめることだけが許された。その与えた苦痛は、さそりが人を刺したときのような苦痛であった。 黙示録9:4-5

第7の封印が解かれると、7つのラッパによる、新しい一連の裁きが始まる。第五の御使いがラッパを吹き鳴らすと、いなごが地上に出て来て、力が与えられ、裁きを下し始める。今日、興味深いなと思ったのは、「この将来裁きを下すいなごでさえ、神の支配下にある」と言うことだ。神はいなごを使って裁きを下すに当たって4つガイドラインを与えている。1,地の草や全ての青草や全ての木には害を加えない。2.額に神の印を押されていない人間にだけ害を加える。3,人間を殺すことは許されない。4,5ヵ月の間苦しめるだけ。「将来」のいなごによる裁きにおいても、神は一つ一つのことに関与し、事細かくガイドラインを出し、コントロールしている。だとしたら、「今」の僕たちの通っていることにおいても神が支配して下さっていることは言うまでもないだろう。たとえ僕たちにはわからなく、見えなくても、僕たちを最善へと導いて下さる神に信頼し、委ねていくことが大切なのだ。

僕の人生においても何が起きているのかわからず、混乱し、戸惑うことがある。でも、今日、励まされたのは、「そんな状況の中でも、神は関与し、導き、支配して下さっている」と言うことだ。だとしたら、

1,今起っている全てのことを神様が支配して下さっていることを信じる。

2,自分でじたばたするのではなく、神様に委ねる。

3,最善をなして下さる神様を信じ、感謝し、賛美する。

4,今日を感謝して生きる!

「神様、今日も御言葉を通して、僕を励まし、導いて下さってありがとうございます。僕の人生において何が起きているのかわからずに、混乱し、戸惑い、じたばたしている自分がいます。主よ、ごめんなさい。今日、あなたが僕の通っていることにおいてもあなたが支配して下さっていて、コントロールして下さっていることを信じます。じたばたしないで委ねます。今日、あなたに感謝し、賛美します。今日を感謝して生きます。神様、あなたを愛します。あなたに従います。アーメン。」

Post a comment

%d bloggers like this: