No comments yet

「不確かな時代の中にある確かなもの」

Topic:聖書(約束、成就)

 

Scripture(聖書)

24「こいつは裂くわけにいかないな。よし、だれが取るか、くじで決めよう」と話がまとまりました。「彼らはわたしの着物を分け合い、下着をくじ引きにした」(詩篇22・18)という聖書のことばどおりになったのです。 

25兵士たちがこんなやり方をしたのも、聖書のことばが実現するためでした。十字架のそばには、イエスの母マリヤ、おば、クロパの妻マリヤ、マグダラのマリヤが立っていました。

(ヨハネ19:24〜25 リビングバイブル)

 

24そこで彼らは互いに言った。「それは裂かないで、だれの物になるか、くじを引こう。」それは、「彼らはわたしの着物を分け合い、わたしの下着のためにくじを引いた。」という聖書が成就するためであった。

25兵士たちはこのようなことをしたが、イエスの十字架のそばには、イエスの母と母の姉妹と、クロパの妻のマリヤとマグダラのマリヤが立っていた。

(ヨハネ19:24〜25 新改訳

 

Observation(観察)

イエスが十字架にかかり処刑されるシーン。

人間の自己中心さ、愚かさ、醜さが浮き彫りになっていく。

しかし、これら一連の出来事はすべて聖書が成就するためであったのだ。

 

この後の36節でも、御言葉の成就が強調されている。

「この事が起こったのは、「彼の骨は一つも砕かれない。」という聖書のことばが成就するためであった。」(36節)

 

十字架にかかったイエスこそ、古から約束され、待ち望んできた正真正銘の救い主であることを伝えようとしている。

 

 

Application(適用)

この夏、奉仕させて頂いた中高生キャンプで聖書の凄さを知ってほしくて「マジ、バイブル!」というタイトルでメッセージしたが、今日のヨハネ19章も強烈に聖書の凄さを証している。

十字架にかかられたイエスの姿と共に強烈なインパクトを与えられる。

 

聖書の言葉は必ず成就する。必ず。

 

だから、聖書の言葉に耳を傾けることが大事なのだ。

今、この時代、政治も、社会も、不安定極まりない。

そして、教会も混迷の中にある。

 

不確かな時代の中にあって、確かなものは何か?・・・やはり「聖書」なのである。

 

①日々、御言葉に聴く(Daily Devotion)

 

②御言葉を覚える(暗唱聖句)

 

③御言葉を分かち合い、伝える、教える(伝道、教育)

 

④御言葉に生きる(実践)

 

シンプルだが、基本に忠実になっていくことが使命を果たすことに繋がると信じる。

 

 

Prayer(祈り)

主よ。

 

8/17の朝を迎えています。今日は四女Manaの7歳の誕生日です。

7年前妻は長時間に渡る手術の末、命がけでManaを生みました。

妻も守られ、その娘が今日まで守られ、健やかに成長してきたことを感謝します。

そして、この夏、信仰を公に告白し洗礼を受けることができた恵みも感謝します。

 

不確かな時代の中にあって、絶対確かな御言葉が与えられていることを感謝します。

主よ、御言葉によって導き、生かしてください。

また、御言葉を伝え、教え、確かな人生への道案内として用いてください。

 

救い主イエスの名前でお祈りします。アーメン

 

 

 

 

 

 

Post a comment

%d bloggers like this: