No comments yet

困難のとらえかた(信仰、試練)

S: 愛する皆さん。あなたがたの人生は、多くの困難と誘惑に満ちていますか。そうであれば喜びなさい。 行く道が険しければ、それは忍耐を養う良いチャンスとなるからです。 忍耐力を十分に養いなさい。さまざまな問題が持ち上がった時、そこから逃げ出そうともがいてはいけません。忍耐力が十分身につけば、完全に成長した、どんなことにもびくともしない、強い人になれるでしょう。 ヤコブの手紙 1:2-4 JCB

O: ヤコブは困難の正しい取り扱い方を教えてくれる。まず困難への反応だ。それは、驚いたことに「喜び」だと言うのだ。普通に考えたら、困難を喜べる人なんていない。むしろ、ビターになってしまうことも多い。なんてポジティブなんだろう。どうして?答えは、忍耐を養う良いチャンスになるからだと言うのだ。そして、ヤコブは、忍耐の力を知っていた。忍耐力は、僕たちを完全に成長した、どんなことにもびくともしない、強い人へと導いてくれることを知っていたのだ。さらなる祝福、成長を支える力だと言うことだろう。

A: 僕の人生をふりかえってみると、2年半前に父が亡くなってから、実に多くの困難と誘惑で満ちている。その中でビターになってしまうこともあった。でも、今日、御言葉を通して、このシーズンに二つのことを選択することを決心した。

1.このシーズンを喜ぶことを選択する。

喜びは選択だ。困難のシーズンは、ビターになりやすいが、ベターになることを選んでいこう。意図的に、信仰を持って喜ぶことを選択することを学ぶ。

2.忍耐力を養うことにフォーカスすることを選択する。

忍耐して神様に信頼し続けること、祈り続けることを学ぶ。

このシーズンには大きな意味がある。僕が夫とし、父親として、牧師としてさらに成長し、大きな働きをするうえで必要な忍耐力を養うことができるチャンスなのだ。このシーズにビターになりやすいが、ベターになること、忍耐力を養うことにフォーカスしていこう。

P: 「神様、今日もみ言葉を通して僕を励まし、導いて下さってありがとうございます。今、僕の人生は困難と誘惑でいっぱいです。でも、今日、喜ぶことを選択します。そして、この困難のシーズンの中でビターになるのではなくて、ベターになることを選びます。どうか、忍耐して、あなたに従っていけますように。忍耐力を養わせてください。僕の力で無理なので、今日もあなたにより頼みます。あなたを愛します。あなたに従います。アーメン。」

 

Post a comment

%d bloggers like this: