No comments yet

神に近づく(信仰)

S:「だれも、祭司によっては神との正しい関係を結べなかったのです。しかし、今は違います。私たちは、もっとすぐれた希望を与えられています。キリストによって神に受け入れられた私たちは、神に近づくことができるのです。」へブル人への手紙 7:19 JCB

O:へブル人への手紙の著者は、旧約時代のレビ族の祭司とイエス様を対比し、いかにイエス様が優れた大祭司か教えている。19節を読んだだけでもそれがわかる。1、キリストによって、神との正しい関係を結ぶことができる。2、もっとすぐれた希望が与えられている。3、キリストによって神に受け入れられる。4、神に近づくことができる。

A:この中で、今日、僕の心にヒットしたのは、「神との正しい関係を結ぶために、神に近づいていく」と言うことだ。その時に、もっと優れた希望と神によって受け入れられている恵みと喜びを体験していけるのだ。

僕は今サバティカル中だ。時間が与えられている。この時間を神に近づくために使いたいと改めて思わされた。「肉」を満たすために時間を使うのではなく、「霊」を満たすために時間を使いたい。そのために今日4つのことをしたい。

1.悔い改めるべき罪があったら悔い改める。

2.メッセージを一つは見る。

3.読書をする。

4.サンセットプレイヤータイムを持つ。

P:「神様、今日も御言葉で僕を励まし、導いて下さってありがとうございます。イエス様、僕たちがあなたの贖いによって僕があなたに近づくことができ、神と正しい関係を結べることを感謝します。今日もあなたに近づきたいです。どうか、そのために時間を使っていけるように助けてください。あなたにある平安、導きを経験したいです。今日もあなたを愛します。あなたに従っていきます。アーメン。」

Post a comment

%d bloggers like this: