No comments yet

神のことばの凄さ〜マジバイブル〜

Topic:みことば

 

Scripture(聖書)

1-4神のしもべであり、イエス・キリストの使徒であるパウロから、同じ信仰によって、私の真実の子となった愛するテトスへ。どうか、父なる神と救い主キリスト・イエスが、あなたに祝福と平安とを注いでくださいますように。私は、神に選ばれた人たちを信仰に導き、真理を教えるために遣わされた者です。神のことばの真理には、信じる人の生活を全く変える力と、永遠のいのちを与える力があります。これは、世界が造られる前からの神の約束です。神は、偽りを言うことがないお方です。それで今、約束どおり最善の時を選んで、この良い知らせを公表し、すべての人に告げ知らせる特権を私にゆだねられたのです。

(テトス1:1-4 リビングバイブル)

 

Observation(観察)

パウロからテトスへ送られた手紙。

手紙冒頭でパウロは神の言葉がいかなるものか語っている。

 

神の言葉は・・・

 

①真理

②信じる人の生活を全く変える力がある

③永遠のいのちを与える力がある

 

 

Application(適用)

神の言葉が今、聖書となって目の前にある。

いつでも手に取り、いつでも読むことができる。

これはミラクルなことである。

 

真理であり、力ある神の言葉を誰でもいつでも聞くことができるのである。

しかし、残念ながら神のことばの力をあまり体験していないのである。

このリビングバイブルでは信じる人の生活を全く変える力があると記している。

 

信じるものは死後の行き先が変わるだけではなく、今この地上での生活が全く変えられていくのである。

しかしながら、自分も含め、信仰者の生活はそれほど力強く変えられているだろうか?

 

もっともっと、みことばの力を体験したいのである。

もっともっと、みことばによって変えられていきたいのである。

 

パウロがみことばを宣べ伝えるように召されたように、僕もみことばを宣べ伝えるように召された。

 

18歳の秋。

 

すると、主は私に仰せられた。「まだ若い、と言うな。わたしがあなたを遣わすどんな所へでも行き、わたしがあなたに命じるすべての事を語れ。彼らの顔を恐れるな。わたしはあなたとともにいて、あなたを救い出すからだ。――主の御告げ。――」

(エレミヤ1:7−8)

 

この聖書の言葉に捕らえたれたのである。雷に打たれたかのような衝撃が走ったのである。

 

そして、New Hopeと出会い、それまでのガイドやテキストを使ったデボーションではなく、聖書のみでデボーションすることから新鮮なみことばを直送される恵みを得たのである。

 

みことばを宣べ伝える者として、まず自分自身が日々、みことばによって整えられ、力強く変えられていくことを求めなければならない。

 

①日々、みことばに聴く

 

②日々、みことばによって生活が変えられていく

 

③みことばを宣べ伝えるという召しに生きる

 

Prayer

主よ。

6月の最終週を迎えています。

2018年の上半期をここまで守ってくださって感謝します。下半期もあなたの御手で守り導いてください。

改めて、みことばの凄さを教えてくださり感謝します。

もっと僕自身がみことばの凄さを日々体験することができますように。

また、みことばによって生活が全く変えられるという経験をする者がもっともっと起こされていきますように。

この国で、みことばに対する飢え渇きがもっともっと起こされますように。

生涯、みことばを宣べ伝えるという召しに生きることができますように。

救い主イエスの名前でお祈りします。アーメン

Post a comment

%d bloggers like this: