No comments yet

「絶えず思い起こしては、」

Scripture

私は、夜昼、祈りの中であなたのことを絶えず思い起こしては、先祖以来きよい良心をもって仕えている神に感謝しています。

2テモテ1:3 新改訳

Observation

パウロの優しさがにじみ出ている。

大切に育てたテモテの活躍を聞いて心踊り、喜びに溢れていたパウロ。祈りの中で、欠かすことなくテモテのことを思い起こしていた。

「絶えず思い起こして」

ひと時も欠かすことなく、愛弟子テモテを思ってパウロの愛と優しさがにじみ出ている文脈である。自分のことを絶えず思ってくれる人がいる、自分のことを感謝してくれる人がいる、それだけ幸せがこみ上げてくる。

Application

パウロのような優しさに溢れた人になっていきたい。

人を育てたり、人に関わることは時として、裁きやすく厳しくなってしまう。パウロも厳しい一面を持っていた。けれど一方で、絶えず思い起こす優しさを兼ね備えていた。

牧会者として、教会の人を思い起こして祈れるようにもっとなっていこう。感謝できるようになっていこう。

キッズリーダーとして、子供たちのことを思い起こして祈れるようになっていこう。彼らに感謝できる謙遜さを養っていこう。

そして、夫として妻のことを常に思い祈れるものになっていこう。感謝できるようになっていこう。

Prayer 

神様、あなたが何より私たちのことをいつも思ってくださっていることを覚えて感謝します。同じように僕も大切な人たち、また人々を思い起こして祈れるものになっていけますように。

Post a comment

%d bloggers like this: