No comments yet

思いと願いを祈る時、主を知り平安が注がれる

御言葉
6何も思い煩わないで、あらゆる場合に、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。7そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。” ピリピ人への手紙 4:4-7

観察
“神様に祈ること、願いを知っていただくこと。” ピリピの教会の人々にパウロはそれを、何も思い煩わないで、あらゆる場合に感謝を持ってするようにと伝えている。そうする時に、心と考えとが守られると書かれている。パウロが投獄されている中、書かれたこの言葉。彼自身はそれを頭で知っているだけでなく、その言葉にまさに生きていた。

適用
自分には思い煩う時があり、感謝できないような時がある。そして時に、祈る時、神様はこのことを知ってくださっているのだから、なぜわざわざ神様に祈る必要があるだろうか、それは自分の不信仰なのではないだろうか?と思ってしまうこともある。けれど、僕たちが神様に感謝を持って祈り、願う時、状況が変わったとしても、変わらなかったとしても、平和の神である主が自分と共にいてくださることに気づき、そして神様に知られているという恵みに気づくことができる。思い煩う時、感謝の心は僕の心をはっとさせ、見えなくなっているものに気付かせる。そして、僕たちの祈り、願いを、感謝をもって捧げる時、それは主に知っていただくと時であると同時に、僕が「主に知られているのだ、聞かれているのだ」ということを知り、気づくことができる恵みの時なのだ。嵐の中で、静まり、神様を知る時、パウロの言うように、僕の心と、思いとは、すべての考えにまさる神様の平安によって守られる。だから急がず、焦らず、神様に感謝をもって祈ろう。状況が変えられるように、願いに応えてくださるようにと神さまに祈ってよい。けれど、なによりも神様を知り、神様の平安を求めよう。自分の心と考えの中に嵐があったとしても、神様はその只中で決して揺ぐことなく、力強く立ってくださり、自分のすべての考えにまさる平安を与えてくださるのだから。

祈り
愛する神様、今日もあなたの恵みを注いで下さっていて感謝します。あなたは決して揺り動かされず、力強い御手をもって僕を導かれる方です。けれどなんでか僕は思い煩う時があって、心配して、恐れることがあります。しかも、あなたは知ってくださっているから祈るのは不信仰なんじゃないか、って思ったりすることもあって。でもあなたに感謝し、あなたに祈ることを選びます。その時にあなたを知ることができるから。状況が変わっても、変わらなくて、なによりも僕のすべての考えにまさるあなたの平安を求めます。今日もいろんな状況の中で嵐の中にいる方々に、あなたの恵みと、あなたの平安がありますように。イエスさまのお名前によって祈ります。

Post a comment

%d bloggers like this: