No comments yet

「切なる祈り」

Scripture 

“それは私の切なる祈りと願いにかなっています。すなわち、どんな場合にも恥じることなく、いつものように今も大胆に語って、生きるにも死ぬにも私の身によって、キリストがあがめられることです。

私にとっては、生きることはキリスト、死ぬことも益です。”

ピリピ人への手紙 1章20~21節
Observation 
 パウロにとっては、生きることはキリストを証しする人生であり、たとえ死んだとしてもキリストの御元に行ける素晴らしい幸せであると告白されている。

何をもってしても、パウロのしていることは死さえもキリストを証しすることだった。それだけ彼は、自分の変えられた人生をイエス様のために全て注いでいたのが伺える。彼にとって、イエス様以外は考えられなかったのだ。そんなイエス様の御元に死していけるなら、なお幸いでないかと告白するのであった。
Application 
人生の幸いを生涯のうちに見つけられることは、どれほどの喜びだろうか。

僕らはすぐに他のもので幸せを得ようとし、成功を得ようとし、平安を得ようとする。けれど、僕の人生にイエス様が一緒にいてくださる。イエス様のために生きれる人生は、この上ない幸せではないだろうか。
他のものでは決して埋めることができない。人生の目的を探し、自分の存在意義を探し求めるこの時代において多くの方が、それが何かを未だに探し求めて迷い苦しんでいるのかもしれない。
けれどそんな迷い子だったパウロがこう言う。
「私にとっては、生きることはキリスト、死ぬことも益です。」
パウロの切なる祈り、願いである。僕にとって今日どうだろうか。イエス様のために生き、イエス様をあがめる生き様を通せているだろうか。主人公はいつでもイエス様だと教えられる。だから、
1、続けて、この人生をイエス様に捧げよう
2、自分が何をするにもイエス様をあがめ、証しできるように切に祈ろう
3、死してなお、イエス様の御元に行ける幸いに感謝しよう
Prayer 
神様、1つ1つの祝福、恵み、導きを感謝します。僕の人生を使ってください。あなたのものです。何をするにもあなたを証しすることができますように。あなたのように変えてください。あなたへの賛美と感謝をもって。アーメン

Post a comment

%d bloggers like this: