No comments yet

「約束の地」

Scripture

「不信仰な者たちのために私でさえ主の怒りを買い、こう言い渡されました。『あなたは約束の地には入れない。 代わりに、あなたに仕えているヌンの子ヨシュアが指導者となる。その準備ができるように彼を励ましてやりなさい。」

申命記 1:37-38 JCB

Observation 

燃える柴の出来事から始まった、モーセの約束の地への道のり。

自分は主の召し出しに応答する資格のないもの、と不安と恐れから始まったモーセの献身である。

どれだけの月日が経ったことか。ようやく目の前に、主の約束された地が見えたときエキサイトしただろう。

しかしモーセは、その約束の地に足を踏み入れることは決してなかったのだ。

Application 

それは民の不信仰、そして罪深さゆえに、またモーセ自身の高慢さゆえにであるが、モーセの凄いところはそれでも心が折れなかったことだ。

約束された地に入れるなら誰だって入りたい。乳と蜜の流れる豊作の地に入りたいはずた。入れないなんて愕然とする。けれどモーセは心挫けずに、次の世代が約束の地へと入るための踏み台となり備えとなった。

どこかで気をつけないと自分たちの代で事を成そうと思いがちである。一方で、大切なのは福音を伝える宣教の働きが継続されることである。どんなに大きな事を成しても、それが僕らの代で途切れてしまうならさみしいことだ。神様の愛がずっと伝えられ続け、弟子が起こされ、献身者が起こされ続ける。それがいい。だって、僕らには天国という素晴らしい約束の地が与えられているから。主イエスを信じるなら誰もが、永遠に至る天の御国へと導びかれる。地上での生活はそこへの歩みでもある。もちろん地上においても素晴らしい約束の地を求めている。しかし、既に天国への切符を与えてもらえているものとして、死はこわいけど、何とも言えない喜びがある。

だからこそ、

1、1日1日を感謝して生きていけるようになりたい。

2、謙遜になって、次の世代に信仰のバトンを渡せるようになりたい。

3、何かをスタートさせるのと同時に、継続していくことにも心を配っていきたい。

Prayer

神様、すでにあなたから天国への約束を与られていること本当にありがとうございます。いまだに罪深い僕らを、そこに至る道へと導いてくださりありがとうございます。毎日、そのことに感謝し精一杯あなたに向かい歩いていけますように。

Post a comment

%d bloggers like this: