No comments yet

心燃えてても肉体って弱いんだなあ

Scripture

‘たじたじとなったペテロは、「そんな男のことなど、絶対に知らない。これがうそなら、どんな罰が下ってもかまわない」と言いだしました。するとすぐに、鶏の鳴く声が聞こえました。 その瞬間、ペテロは、はっとわれに返りました。「鶏が鳴く前に、あなたは三度わたしを知らないと言うでしょう」と言われたイエスのことばを思い出したからです。ペテロは外へ駆け出して行くと、胸も張り裂けんばかりに激しく泣きました。’

マタイの福音書 26:74-75

Observation

絶対に裏切らない。あなたを見捨てない。そう誓ったペテロは、自分のいのち欲しさに、いとも簡単にイエスを裏切ってしまう。

「そんな男のことは絶対に知らない。」

彼は、自分の弱さを目にしたとき胸も張り裂けんばかりに激しく泣いたのだった。

心が燃えていても肉体は弱いのだと言われた、イエスの言葉が脳裏に浮かぶ。

Application

人は誘惑に弱く、自己中心になりやすい。自分のことが可愛いものである。ペテロなんてまさに代表的だ。口が先に走ってしまうペテロは、なんでも誓っていたが結局守れないことが多かった。けど弱さがあり、脆いからこそ憎めないこともある。イエス様だって、十字架にかかる前には葛藤されたことがうかがえる。

「父よ。もしできることなら、この杯を取り除いてください。」

苦しみながらに祈るイエス様の姿に心打たれてしまう。イエス様はご存知だった。心が燃えていても肉体が弱いことを。罪の性質がある僕たちは、どんなに心燃えていてもやはり自己中心になってしまったり、誘惑や怒り任せになり弱さをあらわにしてしまうことがある。欠けだらけなのだ。

けれど、そんな欠けだらけの僕たちのためにイエス様は十字架にかかって死んでくださった。

「父よ。もし、この杯を飲みほさなければならないのなら。どうぞ、あなたの御心のままになさってください。」

心は燃えていても、肉体は弱いのだと再び教えられる。だからこそイエスに倣って、

1、いつも油断しないで、祈っていたい。

2、神様の心に近づいていきたい。

Prayer

神様、時にペテロのように僕もコミットメントが欠けていることもあります。それはきっと、僕の足りなさであったり弱さでもあるのでしょう。心がガンガンに燃えていても、弱さをさらけ出してしまうことがあります。自己中心的だったり、人を傷つけたり、さばいたり、憐れみの少ない男です。でも、あなたに赦されているなんとも恵まれたものとして、もっと祈るものになりたいです。もっとあなたの心に近づいていくものになりたいです。今日も、あなたの心を知ることができますように。

Post a comment