1

ハッキリとした合図 

Scripture 

「もしラッパがはっきりした音を出さなければ、それが戦闘の合図であっても、兵士にはわかりません。」

コリント人への手紙Ⅰ 14:8 JCB

Observation 

はっきりしたラッパの合図

与えられた口を持って僕らは語ることができ、会話し、人とコミュニケーションを取る。言葉を持って人々を励まし、導き、愛する。

どれをとっても、ラッパの合図のようにはっきりとしたものでなくては相手には分かりづらいのである。

牧師、またリーダーとして務めがある。神様のみことばを取り次ぐことへの大きな責任がある。何か事を始めるときには、導き手として号令の合図を出すことも大事な役割だ。何かを始める、ということは人々にとってはもしかしたら未知の領域。ドキドキハラハラなこともある。

問われるのは、その合図はいかほどに明確でハッキリとした分かりやすい合図かということ。

それが分かりづらく、明確でないなら誰にもわからないという危険が伴う。

Application 

ビジョンを語るとき、新しいことを始めるとき、何かに向かっていくとき、誰かの合図から始まる。

約束の地へ向かうイスラエルの人々は当時、主の導きである雲の柱が動き始める時には必ずラッパを吹き鳴らして合図していた。それが聞こえたなら、即座に民は出発の準備をして旅立っている。そのたった一つの「ラッパの音」という明確な指針があったことによって、イスラエルの民は皆が同時に一致して出発することができていた。

合図を持って人々を導く立場のものとして、とても考えさせられる。

僕の合図は、明確で分かりやすいだろうか。今日の1コリント14章では、はっきりしたラッパの音を出す際に大切なことが書かれている。それは、

1、愛を最高の目標にする

愛を、最高の目標にしなさい。(1コリント 14:1 JLB)

2、相手が理解できるように分かりやすく語る。

ハッキリとした分かりやすい合図というのは、自己中心からは生まれず愛と相手を思いやる気持ちから始まる。人々をどこかに導くとき、そうした愛を真ん中にしていくことが大切だ。愛を選びとっていこう。

Prayer

神様、分かりづらく自分だけが分かっていれば良いではなく相手のことを思い、愛を最高の目標にしていくことができますように。そうして何かを導く時、分かりやすくハッキリとした合図を鳴らしていくことができますように。

Comment(1)

  1. Reply
    kozue says

    アーメン!本当にそうだなと思いながら読みました。パスター太一、今日も励ましをありがとう!

Post a comment