No comments yet

「思い出す」

Topic:悔い改め

 

Scripture(聖書)

するとすぐ、鶏が二度目に鳴くのが聞こえました。その瞬間ペテロは、「鶏が二度鳴く前に三度わたしを知らないと言います」という、イエスのことばを思い出したのです。ペテロは激しく泣きくずれました。

(マルコ14:72 リビングバイブル)

 

Observation(観察)

イエスが捕らえられ、いよいよイエス殺害の陰謀が動き出していく。

イエスに敵対していた者たちだけではなく、弟子達ですらイエスを見捨てていってしまう。

 

あれほどイエスに愛され、イエスと寝食を共にし、イエスから時間をかけて直々に育てられた弟子達ですら師匠のイエスを裏切り、イエスを見捨て、イエスから離れて行ってしまった。

それは弟子の代表格であったペテロとて同じであった。

 

「だれがどうあろうと、私だけは、この私だけは絶対にあなたを捨てません。」(マルコ14:29)

 

と堂々と言い放ったペテロですらイエスを裏切ったのだ。

そのペテロが我に返り、己の罪に気づき目が開かれるシーンがこの72節。

 

彼はなぜ我に返ることができたのか?なぜ己の罪に気づくことができたのか?・・・「イエスのことばを思い出した」からだ。

 

 

Application(適用)

罪を犯さない人はいない。一人もいない。

信仰をもってクリスチャンになっても、相変わらず罪人であることに変わりはない。

何年、信仰生活を送っていたとしても、どんなに奉仕をしていたり、献金していたとしても、相変わらず罪人であることに変わりはない。

牧師であろうと神の前で一人の罪人であることに変わりはない。

 

なのに、信仰者はパリサイ人、律法学者がそうであったように、自分が罪人であることをいとも簡単に忘れてしまうのだ。

人間は覚えるという才能が与えられている一方で忘れるという才能も与えられている。

しかし、「イエスのことば」は忘れてはいけない。思い出さなければならない。

 

自分がいかに的外れであるか気づくためには、「イエスのことばを思い出す」ことが重要なのだ。

自分の「ずれ」を修正するめには「イエスのことばを思い出す」ことが必要なのだ。

「イエスのことばを思い出す」ことから悔い改めへと繋がるのだ。

 

だから、日々みことばを思い出すという作業〜デボーション〜が大事なのだ。

 

①自分がいとも簡単にずれてしまうことを認め、主の助けを仰ぐ。

 

②日々の「ずれ」を軌道修正するためにイエスのことばを思い出す。

 

③イエスのことばを忘れないようにする。(暗唱聖句)

 

 

Prayer(祈り)

主よ。

四六時中、イエスと共にいた弟子達、あのペテロですらあなたを見捨て、あなたから離れてしまいました。

すぐにあなたを忘れ、ずれてしまうことを赦してください。

どうか、ずれてしまってもあなたを思い出すことができるように。

あなたの言葉を思い出すことができるように。

日々、あなたの言葉を心に、魂に刻むことができるように。

I love You. Amen

 

Post a comment