No comments yet

響く言葉

Topic:メッセージ

Scripture(聖書)

24信じる人もいれば、信じない人もいました。

25しかし、さまざまなことを言い合いながら去る彼らの耳には、いつまでも、パウロの最後のことばが響いていました。・・・

(使徒28:24〜25 リビングバイブル)

Observation(観察)

いよいよ使徒の働きの最終章。

囚われの身でありながら、実に自由かつ大胆に妨げられることなく福音を語るパウロが描かれていることが印象的である。

御言葉が鎖に繋がれることはないのである。

ある時は、パウロは朝から晩まで聖書を紐解き、福音を語った。

朝から晩まで語る方も大したもんだし、朝から晩まで聞く方も大したもんである。

そんなパウロのメッセージをもってしても、信じる人もいれば、信じない人もいた。

しかし、全員に共通していることがあった。

それはいつまでの耳に残り、心に響く言葉があったのだ。

Application(適用)

パウロのメッセージをもってしても、信じない人がいたという事実になんとなく慰められる自分がいる。

伝道者として、目の前の未信者を救いに導けなかったことにガッカリするものである。

自分の説教力のなさ、未熟な説教を思わず嘆くものである。

しかし、牧師・伝道者が覚えておかなければならないことは、救いに導くのは「主のみ」ということである。

精一杯語ったのなら、あとは祈りつつ主にゆだねれば良い。

パウロのメッセージを聞いて、信じる人にも、信じない人にも共通していることがあった。

それは、パウロが語った御言葉がいつまでも耳に、心に響いていた、ということである。

この時は信じるには至らなかったが、しっかりと御言葉の種が蒔かれたのだ。

そして、その御言葉がいつまでも響いていたのだ。

これが「御言葉の力」だ。

思い返すと、説教は覚えていなくても、そこで開かれ語られた御言葉は心に残り、刻まれていることがある。

僕にとって様々な決心に導かれた説教がある。

しかしながら、内容はほとんど覚えていない。

けれども、そこで語られた御言葉は何十年経った今でも色褪せることなく響いているのだ。

①御言葉を語り続ける

僕の召しの一つは御言葉を語る(エレミヤ1:7)ということである。

②御言葉に聴き続ける

そのためには、まず自らが日々御言葉に聴き続けることが大事なのである。(Daily Devotion)

③御言葉を語る者としてのレベルアップ

パウロのように自由に大胆に御言葉を語るには聖書を良く学ぶことも必要。

またプレゼンテーション力も磨く必要がある。

かのスティーブジョブズのプレゼンテーションをする時は何時間も何日も費やして練習、リハーサルをしていたということを聞いたことがある。

Payer(祈り)

主よ。

使徒の働き、最終章で囚われの身でありながら自由に、大胆に福音を語るパウロの姿から教えられます。

語る者が鎖に繋がれたとしても、あなたの御言葉は決して鎖に繋がれず、広がっていく姿を見せられました。

このような福音の広まりを、ここ日本でも見たいのです。

そして、僕も御言葉を語るように召された者です。

どうか、召しに生涯忠実になることができますように。

御言葉に聴き、御言葉を語り続けることができますように。

また語る者として自らを訓練し、レベルアップすることができますように。

聞く者の耳に、心に御言葉がいつまでも響く、そんなメッセージを語れる者としてください。

I love You. Amen

Post a comment

%d bloggers like this: